FX取引の基礎知識

株式

海外の業者を利用する

海外FX業者をはじめて利用する人にとって、どこの会社に口座を解説すればよいのかが、最初に迷うところです。どの海外FXにどんなメリットがあるのか、基礎知識があればカンタンに比較できます。口座を解説する前に基本的な知識を知っておきましょう。海外FX口座と国内FX会社の一番の違いはなんといってもレバレッジではないでしょうか。FX取引を行う際には「証拠金」というものが必要になってきます。レバレッジの倍率が高いほど、必要な証拠金の額が少なくすみます。国内の場合25倍のレバレッジ規制がありますが、海外なら800倍を超えるレバレッジで取引できる業者もあります。少ない証拠金で取引したいと考えているなら、このレバレッジをまずは比較しましょう。それから「信託保全」がされているかどうかは、海外FX業者に口座を開設する際には絶対にチェックしておかなければならないポイントです。信託保全とは、仮に利用していたFX業者が倒産した場合、預け入れていた資金が守られるかどうかということです。信託保全には3種類程ありますが「完全信託保全」される業者を絶対に選びましょう。「完全信託保全」でない場合、預け入れた資金の一部しか返金されません。最後に海外FXの特徴として「追証なし」を取り入れている業者が多いことです。追証とは、仮に急激な価格変動が起こり大きな損失を出した場合に、その損失分を追加で入金しなければならいことを言います。場合によっては数千万円の借金を背負うようなことにもなりかねません。しかし、追証なしの場合なら、この追加の入金をする必要がないので安心して取引することができます。追証なしの業者かどうかもチェックしておきましょう。

Copyright© 2017 海外FX口座を開設するためのポイントをチェック All Rights Reserved.